忍者ブログ
競歩の話題・歴史など書きました
[76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 とあるSNSサイトで、たまたま競歩関連を見つけた。
高校生も参加していて、いろんな質問内容を見かける。
結構多いのが基本的なことだった。
ストライドの広げ方、膝の硬さを直すにはなど
他の競技では出てこないような質問内容だった。

 答えを見ても、みんな答え難そうなものばかり。
競歩の“ドリル”
これも見ても、指導者不足、競技の認知度があらわれているものといえる。

 この状況も、あと10年もすれば改善されてくるかもしれない。
2001年のインターハイ組み込み以来、全国的に競技者が増えている。
いずれは指導者となる選手も増えてくるはずである。
インカレを見ても、以前は数人しかいなかった、
関東インカレ2部も20人近い選手が今年は登場した。

 専門的な指導者に教わった選手が全国に散らばり
少しずつ指導者の層も増えてくるだろうと思われる。
私の勝手な指導者にるならというイメージ

・5年以上の競技歴
・卒業しても競技を続けた選手
・失格経験者
・失格した理由を理解し改善しようとした選手
(なお良いこと)
・男子は50km経験、女子は20km経験
↑これの経験があると、競歩に対する意識もだいぶ変わり、
トレーニングの考え方も変わってくると思われる。
栄養・精神面での指導も可能になるはずである。

 インターハイまで2週間を切った。
本番で選手たちは予選決勝2本こなすことになる。
高校生のうちからタフさ鍛えるには十分な機会である。
新しい選手の発掘に期待したい。


そんなジュニア選手の国際大会として
世界ユース選手権が7月11日~15日までチェコ・オストラバで行なわれた。
ユース資格は1990年1月1日以降に産まれた選手が対象となる。
競歩では男子で大竹洋平選手(成田高)が6位入賞を果たしている。

・女子5000mW(7/12)
1.Tatyana Kalmykova(ロシア)    20.28.05(世界ユース記録)
2.Irina Yumanova(ロシア)     21.21.14
3.Panayiota Tsinopoulou(ギリシャ) 22.49.15
13.西澤 千春(日本)         24.02.47

・男子10000mW(7/14)
1.Stanislav Emelyanov(ロシア)  41.49.91(大会新)
2.Pedro Daniel Gomez(メキシコ)  43.11.87
3.Vito Di Bari(イタリア)     43.36.13
6.大竹 洋平(日本)         44.16.06

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
rawk
性別:
男性
職業:
IT業
趣味:
競歩
自己紹介:
競技暦11年

国際大会、歴史などさまざまな話題を時には楽しく、時には辛口に週一ペースで書いていく予定です。

内容は私個人の見解を書いています。

日本競歩界の見解ではありません。
フリーエリア
最新TB
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]