忍者ブログ
競歩の話題・歴史など書きました
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 現在、イタリアでは自転車ロードレースの最高峰のひとつ
ジロ・デ・イタリアが本日最終日を迎えた。
5月12日(土)にスタートして21区間3486km。
平地ではスプリンターが活躍し、中盤からは山岳ステージを越えていく。
ジロと並ぶのがツールドフランスである。

 日本では馴染みはまだまだの競技であるが
最近は日本選手もヨーロッパプロツアーチームに所属していることもあって
また、CS放送での生放送されるようになって、徐々に浸透してきている。
競歩といっしょで忍耐力と経験が活かされるスポーツである。
実際今回総合優勝したディルーカも32歳。
逆に2位になった選手はまもなく22歳のルーキーであった。
長年経験を積んだ選手と、いきなり現れた金の卵。

 早く出てきてしまう弊害(周りからの期待とプレッシャー)を
乗り越えられるか若い選手の今後が楽しみである。


 そして自転車競技は9人1チーム、
まさに野球と同じでチームスポーツなのである。
エースの選手を他の選手はアシストとして助ける。
勝たせるため、猛スピードで引っ張り、さがって行く。
この辺りは実際に見てみると、興味深い。

 競歩の場合、ワールドカップなど国のポイントで
チーム戦となる程度でほとんどが個人勝負だ。

 どちらも入念な作戦、そして経験が活かされるのは
自転車も競歩も同じ。他競技に学ぶことも多い。
競技者は自分の種目だけでなく、
いろいろな競技に興味を持つことは悪いことではない。

 
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
rawk
性別:
男性
職業:
IT業
趣味:
競歩
自己紹介:
競技暦11年

国際大会、歴史などさまざまな話題を時には楽しく、時には辛口に週一ペースで書いていく予定です。

内容は私個人の見解を書いています。

日本競歩界の見解ではありません。
フリーエリア
最新TB
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]