忍者ブログ
競歩の話題・歴史など書きました
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 この3日間、高校生たちのインターハイへの最後の壁、
各地区大会が行なわれている。
この時間には全ての地区で代表選手が決まっていることだろう。
競歩と混成はインターハイ導入間もないことと、競技人口の関係で
上位3名まで(他種目は6名)がインターハイ出場となる。

 他の種目同様、泣き笑いが交差する勝負の世界、
インターハイ出場が決まった選手は本番がんばってもらいたいし、
出れなかった選手もこれで腐ることなく、続けてもらいたい。
実際、50kmで代表になった山崎選手は
この地区大会で失格して、高校記録を持ちながら
インターハイに出場できなかった選手なのだ。
 
 さて、その高校生選手たちいずれは卒業していく。
そのあとは、そのまま引退する選手、
大学・就職して続けていく選手様々である。

 ちょうど先週、日本インカレが行なわれた。
ここ数年はインターハイ導入の影響もあって
全国各大学で競歩選手も増えてきた。
その選手たちが一同に会するのが、この日本インカレである。

 参加資格は地区インカレの優勝者と参加標準記録突破者。
男子は10000Mと10kmで44分、5000Mで21分、20kmで1時間32分。
女子は10000Mと10kmで52分、5000Mで24分30秒、20kmで1時間45分。

 一昔前と比べて格段に標準記録が上がっている。
数年前は日本ジュニアよりも低かった時期もあった。
記録が上がっていることもあって、
1年生の段階から大会に出場したいと思ってる選手には
大学入学してから、慌てて記録会等を探すよりも
高校時代で標準を突破することが求められる。
特に春先は大学の記録会はあるものの、
シーズンイン直後で全体的に意外と記録会は少ないのだ。

 一年生だからと遠慮する必要はもちろんなく
状況によっては1年生でも出場しなければならないケースも
発生してくるのだ。
現在は、1種目3名まで出場できるようになった。
ある程度人数がいる大学では、フルエントリーを目指すのは当然で
1年生であっても代表争いを勝ち抜くこともできるわけだ。
その際、記録を突破してなかったのでは意味がないので、
できるだけ、入学前から準備をしておいた方が良い。

 また、競歩選手がいない大学では、出場することで
今後の期待度もUPしてくることだろう。


 この夏、世界陸上を見て競歩を続けたいと思う高校生も
増えることだろう。
暑かろうが寒かろうが試合の条件はみんないっしょ。

 今はインターハイを中心にトレーニングを消化しているところだろうが、
将来を見据えて、近辺で記録会があればどんどん出場することを
大事になってくる。
もともと競歩はタフさが求められる競技。
多少試合が続いても、回復は早いのが高校生ら若い選手の能力である。
レース同様、試合出場も積極的に行なっていきたい。

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして
はじめまして。
神奈川に住む高校1年の陸上部員です。
長距離でしたが、能力が低く(1500m5.55)中高一貫校ということもあり、去年の夏から競歩の練習をしていました。
しかし先生もルールすら知らず、インターハイの予選前日にフォームが駄目だということを知り、5周目でベントニー×3で失格になってしまいました。
県大会ではフォームだけを集中してどうにか完歩できました。(33分07秒)
目標は高いですが、来月の大会で30分、新人戦で29分を切りたいです。

自己紹介が長くなってしまいましたが、これから参考にして行きたいと思いますので、質問もさせてもらうかもしれませんが、よろしくお願いします。
背番号4 2007/06/22(Fri)22:04: 編集
無題
>>背番号4さん
はじめまして、ブログ管理者のrawkです。
競歩はあまり走りのスピードは関係ないスポーツです。
先生と切磋琢磨しながら技術を磨いてください。
rawk 2007/06/23(Sat)22:02: 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
rawk
性別:
男性
職業:
IT業
趣味:
競歩
自己紹介:
競技暦11年

国際大会、歴史などさまざまな話題を時には楽しく、時には辛口に週一ペースで書いていく予定です。

内容は私個人の見解を書いています。

日本競歩界の見解ではありません。
フリーエリア
最新TB
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]